2016年07月26日

あっという間の時間

そーらんが旅立ってから10日以上経ちました。


もう撫でてあげれないんだな・・・一緒にお散歩に行けないんだな・・そんなことばかり思って泣いてしまっていましたが、それではそーらんが苦しんでしまいます。

安心して旅立てないよね。


空ってあんなだったよね、こうだったよねと思い出して、お茶目なそーらんを思い出しています。

私は空が来てからずっとブログをつけていたので、そうそう、こんな事してたな~と懐かしく思い出しました。どの表情のそーらんもほんとにとても可愛いです。


お利口さんでお茶目さんのほんとに可愛い子でした。そーらんのブログつけてて良かったなとつくづく思いました。



ただ、とても残念なことに、当初はYahooのジオシティーズを使っていたのですが、サービスが終わっていて。

ちゃんと新しいものに移行のできたはずなのですが、全くジオを開いていなかったので、移行ができませんでした・・・。


空がうちに来た時のことが読めなくなっちゃったけど・・・。それでもたくさん空との思い出があります。



最後の2年半は師匠のおうちで暮らしていましたが、師匠はそれまでは断然猫派でした。犬、しかもコーギーを自分が飼うなんて思いもしなかったそうです。


師匠のおうちでのんびりそーらん
060726 (5).JPG



でも空がうちに来たころから空を見ていて、フリスビーを一緒にやったりして「コーギーっていいもんだな」と思ったそうです。

当初は空を預かることも冬の間だけだったのですが、空と一緒に暮らし始めて「この子と一緒にいたいな。最後まで面倒みたいな」と思ったそうです。


ずっと空は師匠宅でべったりだったので、私よりも師匠のほうが空がいなくなったことが辛いだろう思います。

060726 (4).JPG




こんな風に撫でられるのが大好き
060726 (6).jpg


もちろん辛さははかれるものではないけれど、急に毎日迎えてくれた子がいなくなってしまうのは辛すぎます・・・ 



本当に・・・そんなに急いで逝かなくて良かったんだよ、そーらん。



空の様子を見ていて感じたのですが、私のことはもちろん大好きでしたが、私は頼りにならないのでそーらんからしたら「姉ちゃんは頼りないからボクがしっかりしなくちゃ!」という感じでした。

ですが師匠のことは自分を守ってくれる唯一の人だと感じて心の底から甘えているのが分りました。


べたべたですw
060726 (2).JPG


くっつきたいんだよねw
060726 (1).jpg

なので空と師匠には強い強い絆があった事を強く感じました。師匠が「空は俺にとって最初で最後の犬になったね」と言ったのですが、そのセリフはそーらんには何より嬉しいセリフだろうなと思いました。


でもね、そーらん。姉ちゃんにとっても空は最初で最後の犬だよ!! きっともうわんこを飼うことはないだろうなと。空以上の子には会えないだろうし。大事な大事なそーらんだったんだよ。


ずっとさるげっちゅ~使ってくれててありがとうね


060726 (3).JPG

まだまだ空を思い出すと胸が苦しいけど、姉ちゃんはいつも空の事思ってるからね。安心して空から見ててね。


そして姉ちゃんが虹の橋に行ったら、一番に駆けてきてね。

待っててね。




今後空の新しい写真は載せることはできませんが・・・。
ブログを終了するつもりはありません。

空ってこんなだったねって思い出話になると思いますが、更新していくつもりです。
posted by 空 at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

皆に愛されていたそーらん

そーらんがうちに来た事で知り合えたとても大切な友人達がいます




日本全国色々な場所に住んでいますが、初めて皆で軽井沢で会いました

2006年の10月の記事になります。


そーらんと初めての旅行、私の人生最長距離を運転した楽しい思い出です




友人達からそーらんにお花が届きました
160721 (3).JPG


とても立派なお花です、ありがとうございます

160721 (5).JPG


160721 (2).JPG


160721 (1).JPG




160721 (4).JPG




ともさん、ようちゃん、こー太ん、まりあママさん、パパさん、こーうぶママさん 本当にありがとうございます。



そして写真にはないですがちっぷ家からも素敵な写真立てと蝋燭立てを頂きました。
ありがとうね、パパさん。


一緒にBBQとかしたよね


皆さんと一緒にお会いした時はそーらんがまだ幼犬で。


ガウガウしてたのが懐かしいです




お花を元気にする為に今日一本ずつにお水につけ直しました




マナティは空の死を完璧には理解はしていないようですが、お星さまになってしまってもう一緒にお散歩に行けないことは理解しています




だから、毎朝お水やバナナジュースやみかんをお供えするのに、




そーくん、どうぞ!と言ってあげてくれています




お花も、綺麗なお花どうぞしてあげるのと言って手伝ってくれました

160721 (6).JPG


こんなに早く急に逝ってしまうと思ってなかったから飾れるそーらんの写真がないよ


早く空の写真を出して可愛いそーらんを見せてあげなくちゃね。
posted by 空 at 19:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

そーらんのお見送りが終わりました


たくさんのお花に囲まれたそーらん
160715 (3).JPG

ただ寝てるだけみたいです。

撫でたら起きてきそうです。



7月15日空のお見送りが終わりました

そーらんは病気をしてたわけでも薬を飲んでたわけでもなく
たった2日で行ってしまったので、骨がしっかりしてました


重さも形もしっかり

空は走るのが大好き、ボール遊び大好きで筋肉もかなりしっかりしてたので、焼くのに時間がかかったそうです


だからまだまだ元気でいられたのに…
そんなに急いで逝かなくて良かったんだよ・・・・


15日のお天気は雨予報でしたが、空をお空に返すのにふさわしいくらいの青空になりました
160715 (2).JPG



師匠の家にいることで安心していた事とあまり私と頻繁に会わないほうがいいかな・・・と思い。「空どうしてるかな・・・」と思うと写真を送ってもらっていました。


先月末、空と師匠のおうちの近くの公園に空とマナティと皆で行きました。そのあとから、散歩に出ると空がそっちのほうに行きたそうにしていたと昨日聞きました。


師匠の家でとても可愛がってもらって快適な生活をしていたけれど
空にしてみれば「姉ちゃんはどうしたのかな・・・会いたいな」と思って当然です。


もっともっと会いに行ってあげれば良かったな・・・と今では思います。


マナティの前では泣きたくないのですが、どうしても空のことを考えてしまい、なんだか息が苦しいです。


師匠のおうちの娘さんも、娘さんの彼氏も皆でそーらんを見送ってくれるました。
本当に幸せなわんこです。


お経が終わり、最後に空を撫でて・・・
外に出ると真っ青な空。

160715 (4).JPG


すごいね、空のために晴れたみたい。

待ってる間、師匠の娘さんが書いてくれたそーらんの似顔絵に皆で寄せ書き
160715 (5).JPG


お骨は分骨して、師匠と私のお家と空と帰りました


おかんには分骨なんて…と言われましたが、空は寂しがりだし、いつも誰かにぺったり

だから皆といる方が嬉しいんです

綺麗に残っていた犬歯と爪もお守りにします

160715 (6).JPG


空を撫でたりお散歩に行けないのはほんとにほんとに悲しいし、空のことを思うと苦しいけれど、空とまたずっと一緒です



実は土曜日はマナティの運動会でした。


師匠と、流動食になってお金かかるし、迷惑かけないように、マナティの運動会にも邪魔にならないようにさっさと逝っちゃったのかもしれないね

でもいくらお金かかっても、マナティがいても空は大事な子なんだからいくらお金かかっても、ワガママいっても良かったのにと話してました


もっともっと一緒にいたかったよ、そーらん・・・
posted by 空 at 20:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする